就活生から選ばれる企業になるための採用戦略【新卒採用】

早い人ならで読むことができます。

今回はマイナビ出身で弊社のアドバイザーの白井さんに「就活生から選ばれる企業になるための採用戦略」についてお話しを伺いました。

株式会社ストル アドバイザー 白井 雅晃氏

大学卒業後、銀行にて法人営業に従事。経営者へ金融面からの支援を行っていました。

その後、株式会社マイナビへ入社。主にナショナルクライアントへ採用や入社後の育成・組織開発の支援を行っていました。

現在は、運用型広告のコンサルティング会社にてWEBマーケティング支援を行っています。
金融・人材・マーケティングといった多角的視点から企業の支援(サポート)を行います。

特にストルでは、新卒採用コンテンツ制作を軸にお力添えができれば幸いです。

第一志望の企業になるためのステップ

こんにちはストルの石垣です。

弊社は最近、新卒採用のご支援をすることが増えてきていますが、お客様の悩みで

「第一志望の企業になれていない」

このように悩んでいる会社さんが多いです。

新卒や中途採用で自社が第一志望になるためには、どういったことに注意して採用活動を進めたらいいのでしょうか?

白井氏:2つポイントがあります。

新卒採用の場合、特に大手企業さんだと知名度があって

「この会社は、こういうイメージだよね」

このように変に色がついていることがあります。

魅力としてきちんと伝わっていれば良いですが、魅力を伝えきれてなくて、第一志望になっていない場合があります。

そのため、きちんと採用競合と比較して

「自社がどこで勝てるのか?」

「学生に響くポイントはどこなのだろう?」

このようにまず自社の魅力を見つけることが第1ステップです。

第2ステップは

「その魅力をどう伝えるか?」

という点です。

インターンシップや採用サイト、動画でも良いですし、あとは人事が説明する、面接官が説明するなどでも良いです。

そういったところで

「きちんと就活生に伝えられているのか?」

というところまで考える必要があります。

採用競合と比較する際に確認するポイント

石垣:採用競合と比較する部分というのは、例えばどのような部分を比較して、自社が優位なのか、下回っているのか確認したら良いのでしょうか?

白井氏:就活生の選択基準が何なのかという点がすごく大事です。

「就活生が何を求めているのか?」

よく言われるのが、業界や安心感という意味でも規模感。

あとは、仕事内容、初期配属はどこなのか、福利構成や給与、残業がどれぐらいあるのか。

このような選択基準があります。

この選択基準は就活生によって、選択基準の優先度は変わります。

「どこだったら自社が勝てるのか?」

という点を見つけることが大事です。

石垣:確かに実際弊社のお客様でも

「第一志望になりきれていない」

「自社よりもより致命度のある会社の方が第一志望になって、自社は1.5志望群ぐらいにいる」

このようなことも相談されます。

僕は客観的に見ていて、その会社の魅力を良いなと思って、第一志望として考える就活生さんも結構いらっしゃると思っています。

そういった魅力を重点的に伝えられるようなコンテンツや、インターンシップの設計などを今後提案できたらな良いなと思いました。

リクルーターを活用して第一志望の企業になる方法

白井氏:先程「選択基準」の話しをしましたが、就活生の中では無意識に「選択基準の優先順位」がついています。

例えば自社が「挑戦する社風」が強い企業だとします。

一方で、就活生はインフラや、安定感のある企業の規模感を求めている場合は、どうしても規模感が強い会社には勝てないので、学生の選択基準そのものを変えてあげることができるとすごく強いです。

就活生もまだ働いたことがないので、選択基準が「自分の中での基準」になっています。

そのため、いろんな人に会って

「挑戦することは、すごく楽しいことなんだよ」

「君の過去の話聞いてると、チャレンジしてる時もいろんな楽しさや喜怒哀楽が出ていて、実はチャレンジすることが本当はやりたいことなんじゃないのかな?」

このようにリクルーターを活用することで、そういった話が就活生と1対1の個別で出来ます。

就活生の選択基準が自社に本当にフィットしない子は難しいんですが、フィットしそうな子は選択基準を変えてあげることで、選んでもらいやすくなったり、第一志望群に入りやすくなったりします。

そういったところまでチャレンジできると、より良いかなと思います。

石垣:自社の採用競合と比較をして

「どこだったら勝てるのか?」

という点と、就活生さんや求職者が会社を選ぶ基準は、特に就活生の場合はよくわからない中で「知名度」や「年収」「待遇」などで決めている部分があるので、きちんとヒアリングして、選択基準を変えてあげるところまでやると、確かに第一志望になれたり、志望順位は変わるかもしれないですよね。

白井氏:そうですね、結構重要だと思います。

石垣:弊社でも企業の魅力を伝えるコンテンツの制作や、就活生さんが企業を選ぶ際の基準となるような情報発信ができるお手伝いもしています。

「第一志望の企業になれていない」

「自社の魅力を全て発信しきれていない」

このような採用担当者様は是非お気軽にご連絡ください。

採用コンテンツ制作・運用支援「採用広報ネクスト」

採用コンテンツの運用方法やデータ分析方法なども記載しています

インターネット上での「採用マーケティング活動」の強化を検討されている企業様は、まずはパンフレットで詳細をご確認ください。

まずは資料をダウンロード

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。