文系学生向け新卒ダイレクトリクルーティングの5つのポイント

「文系学生の特徴がいまいちわからない」

「文系学生は何に気をつけて採用を行えばいいのだろうか?」

このように考える企業様も多いはずです。

そこで今回は文系学生の就活動向、文系学生向けのダイレクトリクルーティングの5つのポイントについて解説致します。

母集団形成が約3倍!

スカウトメール専用動画

新卒・中途採用のダイレクトリクルーティング用動画の制作・運用支援「スカウト動画」の初回お試しプランをご用意しております。

文系学生と相性が良いダイレクトリクルーティングサービスの特徴

文系の学生は「理系の学生ほど大学で学んだ事を活かして仕事をしたい」という方は少数です。

文系の学生はどちらかと言うと自分の価値観

企業理念や社風、社員さんの人柄などが合うかどうかで入社する企業を絞る傾向が高いです。

そのためダイレクトリクルーティングでも、価値観重視のサービスの方が文系学生の母集団を形成する際には最適です。

文系学生の特徴

①人付き合いが得意・コミュニケーション能力が高い

文系学生は、理系学生に比べて研究室での実験、論文発表などで時間を取られることが少ないです。

そのためアルバイトやサークル、インターンシップなどに時間を費やすため人と接する機会が多くあり、自然と人間関係の構築が上手くなります。

一方で、理系学生の場合、全ての理系学生に共通することではありませんが、研究室での実験、論文発表が忙しく、同じ理系学生との接点が多いです。

文系学生より、コミュニケーション能力を上げる機会が少ないため、必然と相手目線に立って話すことが苦手で、論理的で要点のみを整理して話してしまいがちです。

②行動的

文系学生は、答えが明確でない学問に取り組んでいるため曖昧なことへの態勢が整っています。

そのため、チャレンジ精神が強く、気になることがあれば考えるより「行動」することができます。

理系学生は、行動する前に行動した結果まで考えてしまいがちのため、文系学生の方がフットワークが軽く、行動的と言えます。

文系学生の就活動向

①比較的に時間に余裕があり、多くの企業に応募する

文系学生は理系学生に比べて、比較的時間に余裕があるため、多くの企業に応募する学生が多いです。

理系学生にように研究室での実験や論文発表が無い文、文系学生は就活に割ける時間が多いという背景もあります。

②多くの業界・職種から選ぶ

文系学生の就活動向として、多くの業界・職種から選ぶ傾向があります。

文系学生は、理系学生のように専門分野に専念するわけではないため、広い視野で就職先候補を探しています。

営業
人事
経理・財務
広報
事務
司法書士
弁護士
公認会計士
マーケティング
保険業界
金融業界
商社業界
サービス業界

一部ではありますが、幅広い選択肢があります。

年度によって人気な職種・流行りな業界などはありますが、多くの学生は幅広い業界・職種を視野に入れて就職活動しています。

文系学生向けのダイレクトリクルーティングの5つのポイント

①動画を取り入れる

学生の多くは働いた経験がないため、業界や仕事内容によっては

「仕事内容の想像がつかない」

「何をやっている企業かよくわからない」

という理由で応募先企業の選択肢から外れてしまうことがあります。

特にBtoBビジネスや製造業の企業様は採用に苦戦しがちです。

スカウトメールでは、テキスト画像で仕事内容を伝える方法が無いので、尚更仕事のイメージが湧きません。

また、今の学生は「文章が読めない人」が増えています。

企業がどれだけスカウトメールの文章に力を入れても、読まれていない可能性の方が高いです。

そこで、スカウトメール専用の動画を作り、テキストだけでは伝えることのできない仕事内容や企業の魅力を伝え、興味を持ってもらう施策が効果があります。

弊社では、新卒・中途専用のダイレクトリクルーティング専用の動画を制作・運用支援「スカウト動画」を展開しています。

スカウトメール専用動画は、スカウトメールに動画を再生できるURLを送るだけなので、運用も簡単です。

仕事内容が学生に伝わりにくい
企業の魅力が伝わりにくい
スカウトメールの反応がよくない

このような課題がある企業様は、スカウトメール専用の動画の導入を検討しても良いかと思います。

母集団形成が約3倍!

スカウトメール専用動画

新卒・中途採用のダイレクトリクルーティング用動画の制作・運用支援「スカウト動画」の初回お試しプランをご用意しております。

②学生に起こしてアクション内容を具体的に記載しておく

ダイレクトリクルーティングで大切なのは「次の行動を促す」ことです。

例えば、最後に

「返信お待ちしております」

「説明会にご参加ください」

これだけだと、学生は企業相手にメールを送り慣れていないため、いつまでにどのように返信したらいいかわからず放置してしまいます。

学生にが次はどのような行動をしたらいいのか?

行動を促す文章を加えましょう。

学生に次の行動を促す例

・〇〇様のスケジュールに合わせてカジュアル面談の日程調整いたしますので、〇月〇日までに候補日を第三希望日までご教示いただけますでしょうか?

「〇日までに」と期限を決めておくことで、早めに返信を促すことができます。

③数より質を重視する

ダイレクトリクルーティングは、学生一人ひとりの求職者に対して直接アプローチするため、大量採用には不向きです。

一度に多くのスカウトメールを送ると、ミスマッチが起きる可能性や、特別感もなくマイナスな印象を与えてしまいます。

多くの学生に送って、当たりを狙うのではなく、ターゲットを明確にし、適切な採用候補者を選定しましょう。

そうすることで、質の良い母集団形成を作ることできます。

④社長や経営幹部も積極的に関わる

企業の本気度を文系学生に伝えるためにも、面談や面接で経営陣が関わることは重要です。

「なぜ〇〇さんにスカウトメールを送ったのか」

「どのように活躍してほしいのか」

「〇〇さんだから採用したい」という特別感を出すことも大切です。

元々興味がなかった企業であったとしても

「自分を必要としてくれている企業なら話を聞いてみようかな」

「社長が自分と会ってくれるなら、面談行ってみようかな」

と興味を持ちやすくなります。

特に、今の学生はSNSが日常化しているため、承認欲求が強いのも特徴の一つです。

その承認欲求を上手く活用した「特別感あるスカウトメール」を送るのも一つの手段です。

⑤返信対応は素早く

スカウトメールを送って、承認された後は、次のアポの調整を早く行いましょう。

優秀な人材は、多くの企業からスカウトメールが届いています。

返信が遅いというだけで、せっかくのチャンスを失ってしまう可能性もあるため、返信は迅速に対応できるように心がけましょう。

まとめ

文系学生向けのダイレクトリクルーティングの5つのポイントについて解説いたしました。

文系学生・理系学生それぞれ強みや特徴があります。

それを理解して、ポイントを押さえた上で採用活動を行うことが「採用成功の鍵」とも言えます。

母集団形成が約3倍!

スカウトメール専用動画

新卒・中途採用のダイレクトリクルーティング用動画の制作・運用支援「スカウト動画」の初回お試しプランをご用意しております。

理系学生の採用を成功させるための4つのポイント
error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。