インターンシップのプログラム内容を変更するタイミングとは?

今回は、マイナビ出身の白井さんにインターンシップの設計についてインタビューさせて頂きました。

白井 雅晃氏

大手人材会社へ入社。主にナショナルクライアントへ採用や入社後の育成・組織開発の支援を実施。
現在は、運用型広告の代理店にてマーケティング支援を行っています。

「元マイナビ新卒支援担当者」がインターンシップ制作方法を伝授!

インターンシップのコンセプト(企画)設計について
まとめた資料を配布しております

【無料】資料をダウンロード

インターンシップの内容は、3年から5年周期の見直しが必要

石垣:企業さんのインターンシップの内容は、毎年同じなんですか?

白井さん:同じところもあります。

3年から5年ぐらい同じインターンシップでやって、新しくするという形が多いですね。

「なぜ3年から5年なのか?」

というと、一つは中期経営計画が変わることや、会社の方向性が変わるというのが3年くらいで変わったりします。

そうなると、インターンシップの方向性も変わります。

あとは、新しい技術など、これだけ進化していく世の中なので、会社も進化されているので

「今のインターンシップ古いよね」

といいところで、3年、5年で変えるという企業が多いイメージです。

パートナー企業との連携で進むインターンシップ企画・運営

石垣:私も一部企業さんのインターンシップの企画に携わったことがあるのですが、インターンシップの企画や運営をパートナー企業と組んで実施してる企業さんは多いですか?

白井さん:結構多いと思います。

私が新会社にいたので、基本的に私が携わる会社さんというのは、支援させて頂いている会社さんなんで多いというイメージにはなりますが、割といろいろな企業さんがいらっしゃるかなと思います。

制作だけ依頼するパターンと、一緒に運用もさせて頂くパターンと両方あるかなと思います。

「元マイナビ新卒支援担当者」がインターンシップ制作方法を伝授!

インターンシップのコンセプト(企画)設計について
まとめた資料を配布しております
内容

インターンシップの目的の決め方
・インターンシップ形式の種類
・インターンシップで用意すべきもの
・作ってはいけないインターンシップ例
・インターンシップの改善案 等々

【無料】資料をダウンロード

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。