採用広報でYouTubeショート動画を活用する4つのポイント

採用活動においてSNSは欠かせないツールとなりつつあります。

その中でも注目されているのがYouTubeのショート動画です。

「YouTubeのショート動画を運用するポイントは?」

「YouTubeのショート動画だと炎上するリスクは?」

このように悩まれている採用担当者様も多いと思います。

そこで今回は、採用広報でYouTubeショート動画を活用する際の4つのポイント、YouTubeショート動画を活用する際の3つの注意点について解説致します。

採用広報支援サービス

採用広報ネクスト

採用広報用コンテンツ(note記事・インタビュー動画等)の制作サービス

YouTubeショート動画が注目されている理由とは?

「情報収集ツールとしてYouTubeを利用する」

という方が非常に増えています。

それは、就職や転職で企業について調べる際も同様です。

しかし、動画ならなんでもいいというわけではありません。

「10分の動画は観ることができない」

「2.3分の動画が限界」

このような人が増えています。

どれだけ企業が伝えたい情報を盛り込んだとしても、途中で離脱されて観られない可能性が高くなります。

こういった背景により、短い動画「ショート動画」が増えています。

ショート動画は、手軽に観ることができるため、中毒性があり多くのユーザーからも観られやすいのが特徴です。

採用広報でYouTubeショート動画を活用する際の4つのポイント

①冒頭の3秒が肝心

ショート動画は、次々にスワイプして観れるのが特徴の一つですが

「観たい!」

と思ってもらえなければ、スワイプされてしまいます。

そのため、YouTubeのショート動画は

「最初の3秒」

で観る・観ないの判断をされ、3秒観てもらえなければ、動画を最後まで観てもらえる可能性が高くなります。

「これから何が始まるのか?」

期待させるようなテロップを入れたり、演出を考えましょう。

②ビジネス色が強すぎるものはショート動画では不向き

堅苦しい動画は、ショート動画には向いていません。

企業説明動画や社長インタビューなどはロング動画カジュアルな雰囲気を伝えるものはショート動画というように分けた方が良いでしょう。

③メッセージを1つに絞る

ショート動画は

「短くて手軽に観れる」

というのがメリットなので、それを活かすためにも、内容を盛り込まずに1つのことに絞った動画にしましょう。

あれもこれもと欲張ってしまうと、だらだらとしたテンポの悪い動画になりがちです。

伝えたいメッセージを端的に発信することを意識しましょう。

④動画のテンポやリズムを大事にする

ショート動画では、テンポやリズムが悪いと他の動画へとスワイプされてしまいます。

観ている人を飽きさせないように、流行りの曲を使ったり、動きを加えたり、不要な部分はカットするなど工夫しましょう。

採用広報でYouTubeショート動画を活用する際の3つの注意点

①炎上するリスクがある

ショート動画は

「注意を引き付けなければいけない」

「多くの人に観てもらいたい」

このような気持ちが先行してしまい、通常の動画より炎上するリスクが高いです。

拡散能力が高いということは、それほど多くの人に観られるため、ちょっとした言動がきっかけで炎上してしまう可能性があります。

企業の採用アカウントが炎上してしまうと、これまで築きあげてきた企業のブランドイメージが低下したり、顧客からの信用を失う可能性もあります。

このような事態にならないためにも、事前に炎上対策を共有しておきましょう。

YouTubeで炎上してしまう原因の例

・社員の悪ふざけや非常識な行動
・社員に無理矢理ショート動画に出演してもら
・政治・宗教などへの言及

YouTubeで炎上しないための対策例

・政治・宗教に関する投稿をしない
・社内でYouTube運用マニュアルを作成する
・社員の個人SNSのルールを設定する

運用マニュアルに関しては、YouTubeにショート動画を投稿する前に必ず

「誰から観られても大丈夫なのか?」

という意味でも必ず動画投稿前に二者確認・三者確認の徹底をしましょう。

そして、事前に起こりそうな事例に対して、社内共通の対処法を決めておくこともしておきましょう。

また社員個人のSNSに関しては、個人のSNSで会社の情報を発信してしまい、そこから企業が炎上するという恐れもありますので、その点についてもルールを作っておいた方が安心です。

②ショート動画だけに頼るのは危険

ショート動画は、企業を知ってもらうきっかけにすぎません。

そのため、ショート動画だけ投稿していても企業の採用サイトには流れづらく、応募は増えません。

採用サイトに飛んでもらえるように、より深く企業を知ってもらうためには、ロング(長編)動画も並行して投稿する必要があります。

ショート動画×ロング動画というハイブリット型がおすすめの運用方法です。

③動画制作に時間をかけすぎない

採用担当者がYouTubeのショート動画に割ける時間はごくわずかです。

YouTubeの運用ばかりに集中してしまうと、他の業務が圧迫され、結果的にYouTubeの更新が途絶えてしまうことがあります。

動画制作にこだわるより、継続して更新し続けることが大切です。

簡単でわかりやすい最低限の編集を心がけましょう。

弊社では、日本初のたった1日動画の基本的な撮影・編集・活用を学ぶことができる法人研修「動画担当者養成講座」も行っています。

ご興味ある企業様は、パンフレットもございますのでご覧ください。

「動画担当者養成講座」パンフレット申し込みページ販売促進・採用活動で動画活用を内製!グローセル様

まとめ

動画日常になくてはならないものとなりつつあります。

そのためYouTubeショート動画は、採用広報においても非常に有効的な手法です。

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。