事例紹介・サービス紹介資料配布中!

社内研修を動画を制作・YouTubeを活用して導入する6つのメリット

「社内研修動画を導入するメリットは?」

このようにお考えの企業様も多いかと思います。

今回は社内研修を動画配信する6つのメリット、社内研修を動画配信する2つのデメリットについて解説致します。

また社内研修動画をYouTubeを活用して導入する際の注意点についても解説します。

ストルの社内研修動画の制作事例

・不動産関連のFC事業を行っている企業様の、勉強会動画の企画・撮影・編集
・建設コンサルティング事業を行っている企業様の、研修動画の企画・撮影・編集等
・人材採用関連事業を行っている企業様の、研修動画の企画・撮影・編集等
・WEBマーケティング事業を行っている企業様の、ITツールの使い方動画の企画・撮影・編集等
・リラクゼーション事業を行っている企業様の、研修動画の企画・撮影・編集等


社内研修動画が注目される背景

①リモートワークの増加

新型コロナウイルスの影響により、リモートワークが増加しています。

社員がオフィスに集まることが難しい場合でも、社内動画研修を活用することで、効果的な研修を実施することができます。

②オンデマンド学習の需要増加

社員が自分のペースで学ぶことができるオンデマンド学習の需要が増加しています。

社内動画研修は、社員が自分の都合の良い時間に、何度でも学習できるため、オンデマンド学習の需要に対応することができます。

③費用削減のニーズ

社内研修を実施するためには、会場や講師、資料の準備など多くの費用が必要です。

一方、社内動画研修は一度作成すれば、何度でも使用することができ、費用を削減することができます。

④ビジュアルコンテンツの重要性

ビジュアルコンテンツの重要性が高まっています。

社内動画研修は、文字だけのテキストよりも、視覚的に分かりやすく、わかりやすい研修ができるため、社員の理解度を高めることができます。

⑤学習効果の向上

社内動画研修は、映像を用いることで、社員の理解度を高めることができます。

また、映像を見ることで、社員が視聴者として受動的に情報を受け取るのではなく、積極的に学習に参加することができるため、学習効果を向上させることができます。

社内研修を動画配信する6つのメリット

①フレキシブルな学習

社員は自分の都合の良い時間に、動画を見ることができます。

特に、リモートワークが増加した現在、オフィスに集まることができない場合でも、動画を見ることで研修を受けることができます。

②学習のコンテンツ化

動画で研修を配信することで、研修のコンテンツを分かりやすく整理し、必要な情報を簡潔にまとめることができます。

社員は、必要な情報を迅速に把握することができ、理解度を向上させることができます。

③費用削減

社内研修をオンライン動画として配信することで、費用を削減することができます。

会場や講師、交通費や宿泊費など、多くのコストを削減することができます。

④参加者の管理

動画配信によって、参加者のアクセス制御や学習履歴の管理が容易になります。

また、研修の進捗状況や学習の理解度を把握することができ、必要に応じてサポートすることができます。

⑤継続的な学習環境の提供

社員は、動画配信された研修を何度でも再視聴することができます。

これにより、継続的な学習環境を提供することができ、社員のスキルアップやキャリアアップを支援することができます。

⑥視覚的な表現

動画配信によって、研修内容を視覚的に表現することができます。

文字だけのテキストよりも、映像を使って説明することで、よりわかりやすく、効果的な研修を提供することができます。

社内研修を動画配信する2つのデメリット

①技術的な問題

動画配信は、技術的な問題によって破綻する可能性があります。

ネットワークの問題やシステムの不具合、再生速度の問題などが発生する場合があります。

②著作権の問題

動画配信は、著作権の問題が発生する場合があります。

社内で作成されたコンテンツや第三者の作成物を使用する場合、適切な許可を得る必要があります。

違法なコンテンツの使用は、法的問題に発展する可能性があります。

社内研修動画を制作するために必要な7つの準備

①目的の明確化

研修の目的を明確に定め、どのような知識やスキルを学習する必要があるかを決定することが重要です。

研修の目的が明確であれば、制作過程で必要な要素を把握しやすくなります。

②プランニング

動画研修を制作する前に、プランニングを行うことが重要です。

プランニングで決定すること

・研修内容
・構成
・配信方法
・製作スケジュール
・予算
・スタッフ

③スクリプトの作成

スクリプトは、動画研修を制作する上で重要な役割を担います。

スクリプトは、研修内容を記述し、話者のセリフや演出を決定することができます。

④動画の制作

動画の制作は、撮影、編集、音声制作などの工程が必要です。

動画の制作には、カメラ、マイク、照明、編集ソフトなどの機材が必要です。

⑤編集

動画の編集は、制作過程で重要な工程の1つです。

編集には、映像や音声のトリミング、カットの調整、BGMの追加、タイトルの挿入などが含まれます。

⑥テスト配信

研修を配信する前に、テスト配信を行うことが重要です。

テスト配信により、映像や音声の品質、配信方法、不具合などを確認することができます。

⑦フィードバックと改善

動画研修を制作した後は、フィードバックを収集し、必要に応じて改善を加えることが重要です。

フィードバックは、社員からの意見や研修の効果測定などを通じて収集できます。

社内研修動画を成功させる4つのコツ

①短くわかりやすくまとめる

社員が研修に費やす時間は限られています。

そのため、研修内容を短くわかりやすくまとめることが重要です。

社員が研修に集中しやすくなり、研修の効果を高めることができます。

②動画のクオリティを高める

研修動画のクオリティが高ければ、社員はより興味を持って学習することができます。

そのため、映像・音声の品質やデザインなど、制作に関する部分をしっかりと把握し、高いクオリティの研修動画を制作することが必要です。

③フィードバックを収集する

社員からのフィードバックを収集することで、研修の改善点を把握することができます。

フィードバックを活用することで、研修の効果を高めることができます。

④配信方法を選ぶ

研修動画の配信方法には、社内LAN、社内SNS、社員向け動画共有サイトなどがあります。

社員の利便性や研修内容に応じて、適切な配信方法を選ぶことが重要です。

倍速を禁止、飛ばし視聴を制限することができる動画配信システムもあります。自社の運用方法に合わせて配信方法を選択してくださいね。

YouTubeを活用して社内研修動画を活用する方法と注意点

社内研修動画は、一般公開せずに社内限定で動画を閲覧するように制作します。

YouTubeでは動画の公開範囲をURL知っている人だけ限定して公開する機能」「特定のメンバー限定で公開する機能」があります。

但し注意点として「限定公開」設定をしていても一般公開している「再生リスト」に含めてしまうと「再生リスト」から閲覧できてしまいますので、ご注意下さい。

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。