採用サイト用社員インタビュー記事を作る3つのポイント

採用サイト用社員インタビュー記事を作る3つのポイント

採用広報用コンテンツとして、社員インタビュー記事の充実化を図る企業が増えていますが

「どのような社員に協力してもらえばいいのか?」

「ありきたりな内容の社員インタビューとなってしまう」

このようにお考えの企業様向けに以下について解説いたします。

・社員インタビュー記事を掲載するメリット
・社員インタビュー記事を作る3つのポイント
・社員インタビュー記事が逆効果になる2つの注意点

【採用広報用コンテンツ】社員インタビュー記事とは?

社員インタビュー記事は、採用広報用コンテンツの中でも、外せないコンテンツの一つです。

自社で働く社員に入社の理由や仕事でのやりがいなどを聞いて、記事にした社員インタビューを掲載することで求職者は、入社後の自分をリアルに想像することができます。

【採用広報用コンテンツ】社員インタビュー記事を掲載するメリット

①入社後のミスマッチ防止・採用工数削減

社員インタビュー記事を掲載することで、求職者とのミスマッチを軽減することができます。

採用において、ミスマッチは大きな課題の一つです。

ミスマッチが生じることで、内定辞退、早期離職に繋がるため、採用活動の工数が増えてしまい結果、採用のパフォーマンスが低下します。

しかし、社員インタビュー記事を掲載しておくことで、求職者に事前に自社を知ってもらって応募してもらえるので、自社とのマッチ度が高い人材を少ない採用工数で獲得することができます。

②企業のリアルな姿を伝えられる

「明るく働きやすい会社です」

「上司部下の関係性がとても良好です」

このように魅力を書き連ねても、企業のリアルな姿は伝わりません。

むしろ

「本当なのか?」

「なんだか嘘くさいな」

と逆効果になってしまう可能性もあります。

誰が言っているのかわからないという点が求職者の不安を煽るのです。

社員インタビュー記事は、そのリアルを伝えることに長けています。

実際に働いている社員が顔を出して、インタビューを受けていることによって真実味が大きく増す効果があります。

また、登場する社員がターゲットとなる求職者の年齢や、希望する職種に近いとより親しみを持ち、インタビュー記事に共感してもらいやすくなります。

リアルさを伝えるためにも、文章だけのインタビュー記事にならないよう、文章と文章の間には自然体な社員の写真を挿入したり、インタビュー動画も記事内に埋め込むとよりリアルな企業の姿を知ってもらえます。

③社員のモチベーションアップに繋がる

社員インタビュー記事を掲載することで採用効果だけでなく、既存社員へのモチベーション向上・インナーブランディングにも繋がります。

社員インタビューに選ばれた社員は、仕事のやりがいや、今後の目標、求職者へのメッセージなどを自分の言葉にして伝えることで、仕事に対してモチベーションアップに繋がります。

また、自部署だけでなく、他部署の人がどのような思いで働いているのか、会社の多くの人の考えを知ることができる機会にもなり、帰属意識が高まり社内の雰囲気も良くなります。

【採用広報用コンテンツ】社員インタビュー記事を作る3つのポイント

①写真・動画を活用する

社員インタビュー記事では、写真や動画は積極的に活用しましょう。

特に社員同士が話している様子や、実際に仕事をしている場面、会議の様子などの写真や動画があるとよりリアルな雰囲気を伝えることができます。

また、今「文章が読めない人」が増えています。

どれだけ社員インタビューの内容が素晴らしくても、文章だけの記事は途中で離脱してしまう可能性が非常に高いです。

そこで画像以上に効果的なのが動画です。

インタビューしている様子を撮影し、社員インタビュー記事の中に動画を埋め込むことで、より人柄や雰囲気を伝えることができます。

生き生きと仕事のやりがいを話す姿や、楽しそうに自社のことを話す姿は、文章以上の説得力があります。

社員インタビュー記事を投稿するだけでなく、いかに読んでもらえるか?雰囲気を伝えることができるのか?を意識して構成するだけでも採用への効果は大きく変わります。

②求職者が興味を持ちそうな社員にインタビューする

最初はお願いしやすい社員にインタビューの協力を求めてしまいがちですが、求職者が興味を持つ社員にインタビューしなければ、読んでもらうことはできません。

求職者が

「自分が入社したら?」

と考えながら、社員インタビュー記事を読むため、求職者と社員の属性が近ければ近いほど共感しやすくなります。

新卒採用の場合は、新卒1~2年目の社員を多めにし、活躍している社員や中堅社員へのインタビューをする場合は、新人の頃の失敗したエピソードなどを引き出すと

「優秀な人でも、こういう経験があるんだ」

と共感しやすくなります。

③質問内容は事前に共有しておき、回答を考えておいてもらう

社員インタビュー内容は、事前にインタビューを受ける社員さんに共有しておきましょう。

事前に共有し、回答を考えてもらうことでより具体的なエピソードを話してもらいやすくなります。

【採用広報用コンテンツ】社員インタビュー記事が逆効果になる2つの注意点

①実態とかけ離れないようにする

社員インタビュー内容は、実態とかけ離れないようにしましょう。

等身大のありのままの姿を伝えることが大切です。

良い面を誇張して記載してしまったり、見栄をはってしまうと入社前後でギャップに感じ早期離職に繋がってしまい、採用が成功したとは言えません。

②顔写真・動画を載せられない場合

社員インタビュー記事で社員に協力してもらう際は、顔写真や動画を掲載しても問題ない社員にお願いしましょう。

文章だけでは、最後まで読んでもらえない可能性が高いです。

また、顔を出していない場合

「本当にインタビューしているのかな?」

「作られた話なのではないか?」

と求職者が信憑性のある情報として認識しにくいので要注意です。

【採用広報用コンテンツ】社員インタビュー記事で聞くべき項目

プロフィール

社員の氏名・出身大学(前職)入社年度・現在の所属部署

入社のきっかけ

入社したきっかけ・何が決め手となって選んだのか?

会社の雰囲気

会社の雰囲気や人間関係

入社前後で感じたギャップなどを、思った通り話してもらいましょう

仕事内容

現在行っている業務内容

詳しい1日のスケジュールや、忙しい時期、働き方や時間の使い方、残業についてなど

仕事でのやりがい・失敗談

良い面だけでなく、失敗談、辛いと感じた話を織り交ぜることも大切です

転職したいと思ったときなども赤裸々に聞いてみましょう

今後の目標・キャリアプラン

仕事、プライベート両方の今後について聞いてみましょう

プライベートでの過ごし方

会社のことだけでなく、プライベートについて聞くことも大切です

特に今の世代は、自分のプライベートを犠牲にしてまで働きたくないという考えの人が多いため、プライベートと仕事のバランス感に着目しています。

求職者へのメッセージ

最後は求職者のメッセージで締めましょう

「このような人と一緒に働きたい」

「このような人は向いている」

求職者の応募への後押しとなるメッセージを伝えましょう

まとめ

情報をが溢れている現代では、ありがちなPRでは求職者の興味・関心を引くことは困難になってきています。

よりリアルな情報を求めている人が多いため、社員インタビュー記事を有効的に採用で活用しましょう。

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。