YouTube運用代行会社を活用するメリット・デメリットとは?

昨今では、自社のブランディングや顧客獲得のために

「YouTubeを活用したマーケティングが当たり前の時代」

となっているのが現実です。

しかし、これからYouTubeを始めようとする企業からしたら

「何から始めたらいいのだろうか?」

「ノウハウがないため、社内でできるだろうか?」

「効果的に活用する方法が知りたい」

と思う企業が多いかと思います。

そんなときにおすすめなのが「YouTube運用代行」です。

今回はYouTube運用代行におすすめするメリット、YouTube運用代行会社を選ぶ際のポイントについて解説いたします。

YouTube運用代行とは?

YouTube運用代行とは、企画運営に関する業務を全てYouTube運用のプロに委託することです。

主な業務内容としては

YouTube運用代行の主な業務内容

・チャンネルのターゲット・方向性の確定
・チャンネルの企画
・動画撮影
・動画編集
・サムネイルの作成
・動画投稿後、分析・改善案
・YouTube投稿内製化の支援

外部に委託することができるため、業務の負担を軽減でき、YouTubeのノウハウを教えてもらうことができるというメリットがあります。

YouTubeは更新しつづけなければ効果を出すことができません。

長期間やっていくとなると人手が少ない企業ではYouTubeを継続していくことが難しく、泣く泣く更新をストップする企業も多いです。

また、経験やノウハウがないまま闇雲にYouTubeチャンネルを運用したとしても、結果はでず、予算と労力だけを無駄にしてしまう恐れもあります。

このような事態を避けるためにも、YouTube運用のプロである「YouTube運用代行会社」に依頼することをおすすめします。

YouTube運用代行会社の中でも主に2つに分けられます。

①動画制作会社

動画制作会社は、動画制作に特化しているためクオリティーの高い動画を提供できる点がポイントです。

注意点としては、動画制作会社は「動画のプロ」ではありますが「YouTubeのプロ」ではありません。

YouTubeはクオリティーの高い動画を投稿するだけでは企業チャンネルは伸びず、アルゴリズムや分析・動画の企画力も重要になってくる点を事前に把握しておきましょう。

②総合YouTube運用代行会社

総合YouTube運用代行会社は、YouTubeチャンネルの運営・企画・撮影・編集・分析といったYouTubeの全ての工程でサポートしてくれる会社です。

総合YouTube運用代行会社は、企業と一緒にチャンネル運営をしていくパートナーとなるため

YouTube運用代行会社を選ぶポイント

・コミュニケーションの取りやすさ
・自社の目的にあった提案をしてくれるか
・YouTube運営の実績があるのか

このような点を踏まえて総合YouTube運用代行会社を選びましょう。

YouTube運用代行会社に依頼するメリット

①SEO対策で検索上位表示に上げられる

「SEO対策」と聞くとWeb上の文章コンテンツに対して行うものというイメージがあるかもしれませんが、YouTubeでもSEO対策は重要です。

YouTubeは、Googleの次に世界のユーザーが2番目に使用している検索エンジンです。

そして1番のGoogle検索と2番のYouTube検索は連動しているため、YouTube検索で動画が上位表示されるようになれば、Google検索でも上位表示されるようになります。

YouTube運用代行会社を活用することで、高い分析力とプロならではのノウハウを持っているため、YouTubeを運用したことがない個人とプロが運営するとで大きく変わります。

②社内リソースを圧迫しない

YouTube運用を始めるにあたって、YouTubeに関する知識や技術がある企業なら問題はありません。

しかし、知識が全くない中手探りで始める場合、企画立案、動画の撮影・編集・投稿、コメント対応、アナリティクス分析など全てを自社でやろうとすると、自社の社員が疲弊してしまいます。

1本しか動画投稿しないというのなら負担はありませんが、YouTubeは投稿し続けなければ効果は生まれません。

③制作プロセスを一貫して依頼することでコスト削減

YouTube運用代行会社に全て任せることができるので、大幅な時間コストの削減にも繋がります。

本業と兼任してのYouTube運用は体力的にも精神的にもキツイものがあります。

YouTube運用はプロに任せて、本業に集中して成果を出すというのも一つの手段です。

④成功率を上げることができる

YouTubeのプロにお願いすることで、成功率を上げることができます。

YouTubeに関するノウハウがない状態で専門的な知識が必要なYouTubeのリサーチや分析を行うのは無謀なことでもあります。

間違った状態でYouTubeを運用し続けた結果、成果も出ず、コストや労力だけを割いたことになってしまうため非常に効率が悪いです。

YouTube運用代行を活用することで、適切なリサーチをした上で企画立案から分析・改善までしてくれます。

YouTubeのチャンネル運用は長期的に考えてとは言うが

「少しでも早く効果を出したい!」

という方は尚更、YouTube運用代行会社を活用しましょう。

YouTube運用代行会社に依頼するデメリット

①即効性を求めるのであれば向かない

YouTube動画をどれだけ費用をかけ、手間をかけて制作したとしても必ず見てもらえるとは限りません。

再生回数が伸び、効果が出るまでには一定の期間が必要で、ある程度長期的な目標を立てることが大切です。

長い目で見れば大きな資産となりますので、最初のうちは効果がすぐに出なくても焦らずに動画投稿をし続けることをおすすめします。

②自社のYouTube運用技術が育たない

YouTube運用代行会社を使うことで、全てを一貫して依頼する場合自社の運用技術が育たない場合もあります。

「将来的には自社でYouTube運営をしたい」

と考えている企業であれば、YouTube運用代行する範囲を限定するなどして、自社の社員も動画撮影・編集に携わる機会を増やすことも手段の一つです。

また、弊社では「動画担当者養成講座」という研修を実施しております。

たった1日で動画の撮影、編集、活用を学べるため

「自社に必要な知識、技術だけ習得したい」

という企業様向けの研修ですので、ご興味がある企業様は是非お声がけください。

YouTube運用代行会社の選定ポイント

①自社でYouTubeチャンネルを運用している会社

YouTube運用代行会社を選定する際、自社でYouTubeチャンネルを運用しているか確認するのもおすすめです。

自社でYouTubeを運用していれば、ノウハウを実践する難しさや、今まで苦労した点などをわかった上で企画立案や対策を提示してくれます。

YouTubeに関する情報をWeb上の記事やSNSでしか見ていない知見のみもっている人と、YouTubeの運用した結果を踏まえた上でチャンネル運用するかでは、YouTubeの成功率は大きく変わります。

②YouTube運営実績があるか?

具体的なYouTube運営実績が公開されている会社を選びましょう。

きちんとした会社であれば、制作動画や取引先の企業の実例をホームページに掲載しています。

その実績を見た上で、長期的に続けやすい価格なのか?品質に問題はないか?という判断をしていきましょう。

③リスク管理をしっかり行っているか?

YouTubeでは「炎上」「著作権侵害」「規約違反」などの問題がよく取り上げられています。

企業の場合、炎上した後の企業イメージをダウンさせる可能性があります。

そのため、リスク管理をしっかり行っているYouTube運用代行会社を選びましょう。

まとめ

YouTube運用代行会社を活用することで、YouTubeチャンネルの運用に関する業務を軽減することができ、本来の業務に専念することができます。

また、最初から専門性の高いプロに任せることで無駄な試行錯誤を省け、クオリティーの高い動画制作とYouTubeSEO施策に取り組むことができます。

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。