採用マーケティングのコンサルティングサービスを提供している株式会社ストルの石垣です。

今回は弊社で取り組んでいる採用マーケティングについて、具体的な取り組み事例を盛り込んで説明します。

採用マーケティングとは?

弊社の採用マーケティングとは、従来のお客様の獲得を目的としたWEBマーケティングの仕組みを採用活動に応用し、従来の属人的な採用活動や、人材紹介会社、求人広告を利用した採用活動とは異なる形で求職者にアプローチをします。

弊社ではSNS、動画、メール、採用サイト、各種分析ツールを駆使し、ターゲットとなる求職者様に半自動的に継続してアプローチする仕組みづくりのサポートを行います。

採用マーケティングのメリットとは?

弊社が考える採用マーケティングを導入頂くことによって、様々なメリットが生じます。

採用コストの圧縮

弊社の採用マーケティングを導入することで、ターゲット人材のペルソナ設定や、ターゲット人材向けに特化したコンテンツの制作し、効果的にアプローチすることで、人材紹介会社に支払う紹介手数料や、求人広告費用などの掛け捨ての費用を削減することができます。

採用マーケティングを実践すればするほど、トータルでの採用コストは低減する仕組みを提供致します。

採用活動の半自動化

SNS、動画、メール、採用サイトで継続的にアプローチする仕組みを構築することで、 半自動的にアプローチできる求職者を日々増加させることができます。

結果、 採用担当者様が手を動かす工数を減少させることができ、本当に時間をかけるべき作業に集中できます。

どの様な企業が採用マーケティングに取り組むべき?

とはいえ、採用マーケティングを取り入れるべき企業と、取り入れる必要が無い企業があります。

取り入れた方が良い企業の特徴

・定期的に人材紹介会社、求人広告を利用している企業様(目安年間コスト1,000万円以上)
・優秀な人材を厳選して採用している企業様

上記の企業様であれば、採用マーケティングを実践した方が良い企業様になります。

年収400万円の第二新卒層を採用する場合

例えば、人材紹介会社経由で、年収400万円の営業マンを採用する場合は、コストは

年収400万円×35%=140万円(人材紹介手数料)になります。

営業マンを年間を通じて月に1人採用する場合は、140万円×12人(12ヵ月)=1,680万円を紹介会社に支払います。

この様な企業が採用マーケティングに月20万円/年間240万円使ったとして、2人以上採用できれば採算は合います。

そして年間240万円の費用は掛け捨ての費用ではなく「採用の仕組みを構築する費用(ストック型)」なので、翌年にも採用の仕組みは利用することができます。

掛け捨ての費用を、なるべくストックコンテンツ、や仕組を構築する費用に投じたいとお考えの企業様とは、採用マーケティングは相性が良いです。

採用マーケテイングの流れとは?

弊社の採用マーケティングは、簡単に仕組みを構築できる訳ではありません。

実践するまでいくつかのステップがあります。

①採用ペルソナ設定

採用ペルソナとは、自社に興味を持ってくれそうな人材、自社が必要とする人物像を詳細に描写したものを指します。

具体的な採用ペルソナを設定することで「求職者が求める情報や興味を持つ情報」「情報を発信する手段」が考えやすくなります。

基本的な採用ペルソナの設定例

性別、年齢、年収、職種、収入、学歴、社内でのポジション、仕事における課題、普段興味を持っていること、仕事で重視していることなど

求職者を集めることとは無関係にも見える趣味や嗜好なども、ターゲットの価値観などを明確にすることに役立つため、採用ペルソナの設定は細かく行います。

また社内の職種ごとに採用したい人物像や条件が違う場合には、複数の採用ペルソナを設定する必要があります。

②採用カスタマージャーニーの設計

採用カスタマージャーニーとは、見込み求職者が、どのような流れで採用までに至るかの設計図になります。

求職者の情報収集段階、検討段階、選定段階、選考段階と採用カスタマージャーニーにおける各プロセスにおいて、どの様な手段で、どの様な情報提供を行うかの初期計画はとても重要になります。

一度設計した後は、実行しながら効果検証してPDCAサイクルを回す必要があり、結果的に当初の採用カスタマージャーニーと異なってしまう場合もあります。

③求職者を半自動的に集める仕組みづくり

採用ペルソナと採用カスタマージャーニーができあがり、採用マーケティングを実行する社内体制が整えば、あとは適切なコンテンツの制作と情報発信をするだけになります。

そして適切な効果検証を行い改善し、強固な仕組みづくりをするだけになります。

採用マーケティングのポイントとは?

採用マーケティングのポイントは2つあります。

継続できる体制構築

弊社が考える「採用マーケティング」とは、 SNS、動画、メール、採用サイトで継続的にアプローチする仕組みを構築することになりますので、それぞれのコンテンツ制作、ツールを使いこなす知識と経験が必要になります。

コンテンツを制作する時間、能力、社内の協力体制が無いと「採用マーケティング 」の継続的な実行を実現することはできません。

組織の忍耐力

忍耐力とは、個人の忍耐力のことではありません。

組織の忍耐力となります。

採用マーケティングを始めてすぐに効果ができるとは限りません。

むしろ時間が掛かる施策です。

ですので、組織として一定期間の時間を許容できる体制で無いと継続することは難しいです。

採用マーケティングの料金(毎月の費用)とは?

弊社が考える採用マーケティングは、毎月一定のコンテンツを制作する必要があります。
まずは無理のない範囲でスタートしてみみたいという企業様向けのプランになります。

スモールプラン
16.5万円/月
初期費用は除く
  • 動画の企画、撮影、編集 2本/月
  • コンテンツ加工 (SNS、採用サイト、メルマガ等)
  • データの分析

オプション

初期費用(採用ペルソナ、採用カスタマージャーニー設定)

33万円
(税込)
各種SNS運用代行

11万円~
(税込)
採用サイト制作

33万円~
(税込)
YouTube運営代行

16.5万円~
(税込)

採用マーケティングのセミナーを開催しています!

弊社では定期的に採用マーケティングのセミナーを開催しています。

タイミングが合わない時には個別でお話もさせて頂いております。

具体的な施策に興味がある場合には、是非弊社にお声がけください。

御社の採用マーケティングのお役に立てれると思います。