近年ビジネス目的でYouTubeを活用している企業が増えています。

同時に「自社であればどの様にYouTubeを活用すべきですか?」と相談頂くことも増えてきました。

そこで今回は企業のYouTube活用事例を紹介します。

①新規見込み客形成

一番ポピュラーな動画の使い方ですが、新規集客を図るためにYouTubeを活用する企業が増えています。

実際弊社のお客様の中にも、YouTubeを通じて新規集客方法を確立すること(営業マン0人体制構築)に成功した企業様もいらっしゃいます。

中長期的に営業マンを減らしていきたい

アウトバウンド中心の営業体制から、インバウンド中心の営業組織に変更したい企業様は、是非YouTubeを活用することをお薦めします。

ちなみに弊社ではWEB×動画(YouTube)を使って、新規集客を行うサポートをしています。

②社員紹介動画(新規営業&採用サイトで効果的)

良くWEBサイトに社員さんを、画像付きで紹介している企業様があります。

人物の「人柄や雰囲気」が重要なビジネスであれば、動画で自己紹介をすることは、非常に効果的です。

特に新規営業をされることが多い営業職の方の場合は、お客様に事前に人柄や雰囲気を伝えることができるのでお薦めの使い方です。

採用サイトに社員さんを紹介する際にも、自己紹介動画は効果的です。

③ オンラインセミナー動画

2020年からコロナウィルスの影響で、リアルな場での営業活動やイベントを行う事が難しくなりました。

その代替案として、セミナー内容を撮影した動画をお客様にお送りしたりする企業様が増えています。

④商品紹介及び商品マニュアル動画

マニュアル動画はメーカー様あるいは通販事業を行っている企業様に多い動画の活用方法です。

写真や文章では伝わりにくい、商品の使い方や注意点を紹介しています。

メーカーの営業マンさんは代理店さんに商品の使い方や、頻繁に聞かれることを説明する労力を改善することができます。

WEBサイトに動画を埋め込んで置くだけで、商品カタログの効果はありますので、比較的運用は楽です。

⑤IR動画(広報)


YouTubeを使って、株主総会や決算の内容を動画で伝える企業が増えています。

またIR情報だけではなく、キャンペーンや、イベント開催の情報を動画で発信する企業も増えています。

⑥人材採用専門チャンネル

昨今、若手の採用が難しくなっており、人材採用専門のWEBサイトを制作している企業も数多くあります。
その中でもYouTubeに採用専門の自社のYouTubeチャンネルを立ち上げる企業も出てきています。

人事と社長の対談、事業部ごと、職種ごとに実際に働かれている人にインタビューをして、写真や、テキストだけでは伝えることが難しい、自社の魅力ややりがいなどを臨場感たっぷりに伝えられるのは、動画ならではのメリットです。

これから新卒、中途採用に力をいれたい企業様は「人材採用専門のYouTubeチャンネル」を立ち上げることも検討してはいかがでしょうか。

⑦お客様の声

自社のサービスや商品を実際に利用頂いているお客様に、インタビュー動画を制作し、お客様の声として活用する企業も、近年増えています。

WEBサイトに写真と、テキストでお客様の声を記事として掲載している方法は従来からありました。

しかしよりお客様から信頼感を獲得する為には、動画を使って利用者様のリアルな声をお届けすることは非常に効果的です。

企業のYouTube活用の秘訣は?

弊社では様々な業態の企業様のYouTubeチャンネルの運用サポートをしております。

その中で一番注意していることは「YouTube活用の目的をはっきり決める」という事です。

「YouTube活用の目的」がブレてしまうと、計画的に継続して運用をすること難しくなり、その結果「思っていたほど効果が無くて運用を止めてしまう」ということが起きてしまいます。

弊社ではただ言われた通り動画を作ることは一切しておりません。中長期的な視点にてYouTubeチャンネルの目的や施策を提案致します。

少しでも「YouTube活用」に興味がございましたら、まずは情報交換からいかがでしょうか。