【新サービス】お得な採用動画3点セット始めました!詳細はこちらをクリック!

採用活動の工数削減は動画活用が必須!動画を活用した採用マーケティングの基本

採用活動において、デジタル技術の進化が大きな変革をもたらしています。

特に動画を活用することで、企業の魅力を効果的に伝える手段として注目されています。

御社でも「求職者に対して会社の雰囲気や働く環境をリアルに伝えたい」と思っていませんか?

しかし、どのようにして動画を最大限に活用すれば良いのか、悩んでいる方も多いでしょう。

この記事では、採用DX時代における動画活用法について詳しく解説します。

オンライン採用マーケティングの新たな可能性を探り、効果的な動画コンテンツの作り方やSNSでの拡散方法について具体的なアドバイスを提供します。

この記事を読めば、御社の採用活動が一段と進化すること間違いなしです。

さあ、一緒に新しい採用の形を見つけていきましょう!

採用マーケテイングとは?

ターゲット層に対して戦略的に情報提供を行う

採用マーケティングとは、企業の採用活動にマーケティングの手法を取り入れ、求職者に自社のファンになってもらうための仕組みを作ることです。

具体的には、入社前から入社後までを一貫したプロセスとして捉え、ターゲット層に対して戦略的に情報提供を行います。

このプロセスは「ファネル」と呼ばれるマーケティングのフレームワークを活用します。

ファネルとは、顧客が商品やサービスを認知してから購入に至るまでの流れを図式化したものです。

採用マーケティングでは、これを採用活動に応用し、求職者が自社を認知してから入社に至るまでの各段階で適切なアプローチを行います。

例えば、求職者が自社を知っている段階では、興味を持ってもらうための情報発信を行います。

興味を持った求職者が応募・選考に進む過程では、自社の魅力を具体的に伝え、応募意欲を高めます。

最終的には、採用活動を通じて理想の人材が入社し、さらに入社後も活躍できるような環境を整えることが目標です。

採用マーケティングの特徴は、入社後の活躍までを視野に入れた長期的な取り組みです。

これにより、企業と求職者のマッチング精度が向上し、内定辞退や早期離職の防止にもつながります。

このように、採用マーケティングは単なる採用活動にとどまらず、企業のブランド力向上や人材の定着にも寄与する重要な戦略です。

採用マーケティングと動画の重要性

採用マーケティングにおいて「動画」の活用は、今や不可欠な要素となっています。

従来の「テキストや画像だけの採用コンテンツ」では伝えきれない企業の魅力や職場の雰囲気を、動画ならば視覚と聴覚に訴えるため、リアルに伝えることができます。

特に若い世代は、動画を通じて情報を得ることに慣れており、視覚的なコンテンツに強く引かれます。

例えば、社員インタビューやオフィスツアーを動画で紹介することで、応募者は企業の「文化」や実際の働く環境を直感的に理解できるでしょう。

また、SNSを活用して動画を拡散すれば、多くの潜在的な応募者にリーチすることも可能です。

YouTubeやInstagram、TikTokなどのプラットフォームは、特に若年層にアプローチするのに適しています。

さらに、動画ならではの「ストーリーテリング」を活用すれば、企業のビジョンやミッションを感情的に伝えることができます。

これにより、共感を呼び起こし、応募者のエンゲージメントを高めることができ、動画視聴後も印象に残りやすい特性をもっています。

採用マーケティングに動画を取り入れることで、競争の激しい市場で他社と差別化を図ることができます。

採用動画は応募者への安心感も提供できる

採用活動において、応募者に対する「安心感の提供」は非常に重要です。

特に、採用動画を活用することで、応募者は企業の雰囲気や働く環境を直感的に理解することができます。

動画を通じて、社員の声や日常の風景を伝えることで、応募者は企業に対する信頼感を高めるでしょう。

これにより、応募者は企業に対する不安を軽減し、応募のハードルを下げることができるでしょう。

また、採用動画には企業のミッションやビジョンを盛り込むことで、応募者に共感を呼び起こすことができます。

具体的なプロジェクトの紹介や、社員の成功体験を共有することで、応募者は自分がその企業で成長できるイメージを持ちやすくなります。

最終的に、応募者への安心感の提供は、企業の透明性と信頼性を高めるための重要な要素です。

動画とSNSは相性抜群

採用マーケティングにおいて、動画とSNSの組み合わせは非常に効果的です。

動画は視覚と聴覚に訴えるため、テキストや画像よりも強力なメッセージを発信できます。

SNSはリアルタイムで情報を共有できるため、企業の最新情報やイベントを迅速に発信できます。これにより、求職者とのエンゲージメントを深めることが可能です。

企業と人材の最適なマッチングを目指すために、動画とSNSを積極的に活用してください。

採用マーケティング戦略と動画活用の具体的な方法

採用マーケティングにおいて、「明確な目的とターゲットの設定」は成功の鍵です。

動画の「内容」はターゲット層に合わせてカスタマイズすることが重要です。

新卒採用ならば、若者に共感されやすい「ストーリー性」を持たせると効果的です。

中途採用の場合は、専門的なスキルや経験をアピールする内容が良いでしょう。

また、動画の長さは目的にもよりますが、1〜2分程度が最適です。

長すぎると視聴者の関心を失いやすいので、短くても「インパクト」のある内容を心掛けてください。

まず、何を達成したいのかを具体的に定めることが重要です。

例えば、エンジニアの採用を強化したいのか、若手の人材を増やしたいのか、それとも多様性を持つチームを作りたいのか、それぞれの目的に応じた戦略が必要です。

次に、ターゲットとなる候補者の特性を理解することが重要です。

年齢層、職務経験、スキルセット、さらには価値観やキャリアの志向性までを考慮に入れてください。


これにより、より効果的なメッセージを発信することができます。

動画を活用する際には、ターゲットがどのような情報を求めているかを考慮しましょう。


例えば、仕事内容の詳細、職場の雰囲気、社員の声などを動画で伝えることで、候補者にリアルなイメージを提供できます。

SNSを活用することで、動画の拡散力を高めることも可能です。

特にInstagramやYouTubeは視覚的なコンテンツに適しており、多くのユーザーにリーチできます。


最後に、効果測定を忘れずに行いましょう。

動画の視聴回数、エンゲージメント率、応募者数などを定期的にチェックし、戦略を見直すことが大切です。


これにより、より効果的な採用マーケティングを実現することができる

自社の特徴を分かりやすく伝えるための工夫

採用マーケティングの動画活用においては、具体的な工夫としては、企業の「ミッション」やビジョンを動画で伝えることが挙げられます。

例えば、社員インタビューや職場の一日を紹介する動画は、リアルな職場環境や企業文化を伝えるのに最適です。

また、SNSを活用して動画を拡散することで、より多くの求職者にリーチすることができます。

さらに、動画の内容は短く、分かりやすくすることが重要です。

長すぎる動画は視聴者の関心を失いやすいので、1〜2分程度にまとめると良いでしょう。

字幕を付けることで、音声が聞こえにくい環境でも情報を伝えることができます。

最後に、動画の制作にはプロフェッショナルな技術が求められるため、専門の制作会社に依頼するのも一つの方法です。

高品質な動画は企業の信頼性を高め、求職者に好印象を与えるでしょう。



これらの工夫を取り入れることで、自社の特徴を効果的に伝え、優秀な人材を引きつけることができます。

ターゲットに適したメディアの選択と認知度アップへの道筋

動画を用いた採用マーケティングにおいて、ターゲットに適した配信方法の選択は非常に重要です。

まず、ターゲット層がどのようなメディアを利用しているかを調査することが第一歩です。

例えば、若年層であればYouTubeやInstagramなどのSNSが効果的です。

次に、動画の内容も重要です。

企業の雰囲気や働く環境をリアルに伝えることで、求職者に対する信頼感を高めることができます。

例えば、社員インタビューやオフィスツアーの動画を作成することで、視覚的に企業の魅力を伝えることができます。

さらに、動画をSNSでシェアする際には、ハッシュタグを活用し、ターゲット層にリーチする工夫が必要です。

例えば、「#就活」や「#新卒」などのハッシュタグを使用することで、関連するユーザーにアプローチできます。


また、動画広告を活用することで、さらに広範なターゲット層にリーチすることが可能です。


YouTube、X、Instagram広告を利用することで、特定のターゲット層に対して効果的にアプローチできます。

採用マーケティングで使用する動画制作の重要な4つのポイント

採用動画は、企業の魅力を伝え、求職者の関心を引きつける強力なツールです。


採用マーケティングで動画活用で成功するためには

①「ゴール設定の明確化」

②「明確なメッセージ」

③「視覚的な魅力」

④「ターゲットに合ったコンテンツ」

の4つのポイントが重要です。

まず、明確なメッセージを持つことが大切です。

動画の目的や伝えたい内容を明確にし、それを一貫して伝えることで、視聴者に企業の価値観や文化を理解してもらえます。

例えば、社員インタビューを通じて働く環境やチームの雰囲気を紹介することが効果的です。

次に、視覚的な魅力を意識しましょう。

高品質な映像や音声を使用し、視聴者が飽きずに最後まで見続けられるよう工夫します。

特に、企業のオフィスやイベントの映像を取り入れることで、リアルな職場の雰囲気を伝えることができます。

最後に、ターゲットに合ったコンテンツを制作することが重要です。

求職者のニーズや関心を理解し、それに応じた情報を提供します。

たとえば、新卒採用向けにはキャリアパスや研修制度の紹介、中途採用向けには具体的な業務内容や福利厚生の説明が有効です。

これらのポイントを押さえた採用動画は、企業の魅力を最大限に伝え、求職者の心をつかむでしょう。

採用動画制作の料金相場とその種類別一覧

採用動画制作の料金相場は、動画の種類や制作の規模によって大きく異なります。

一般的に、シンプルな「会社紹介動画」や「社員インタビュー動画」であれば、10万円から30万円程度の予算を見込んでください。


これらの動画は、短期間で制作でき、撮影場所も社内で済むため、比較的低コストで制作が可能です。


一方、より高度な「ストーリーテリング動画」や「ドキュメンタリー風動画」になると、制作費は50万円から100万円以上になることが多いです。


これらはシナリオ作成や複数のロケ地での撮影、プロのナレーションやBGMの追加などが必要となり、制作期間も長くなります。


さらに、アニメーションやCGを駆使した「モーショングラフィックス動画」や「3D動画」は、100万円を超えることも珍しくありません。


これらの動画は、専門のクリエイターが手がけるため、制作費が高額になりますが、その分視覚的なインパクトが強く、視聴者の関心を引きやすいです。

採用活動の効率化と工数削減

採用活動の効率化と工数削減を実現するためには、動画を活用した「採用マーケティング」が非常に効果的です。

動画を用いた採用活動は、一次面接や会社説明会の代替としても有効です。

これにより、採用担当者の「工数削減」が可能となり、より多くの時間を戦略的な業務に割くことができます。


例えば、企業紹介動画や社員インタビューを事前に視聴してもらうことで、面接時の質問が具体的になり、質の高いコミュニケーションが期待できます。

さらに、動画制作は一度作成すれば何度でも利用可能です。

採用サイトに動画を埋め込んでおけば、24時間視聴してもらうことができます。これにより、長期的なコスト削減にもつながります。

弊社のお客様では、インターンシップ母集団を増やすため「インターンシップの説明動画」を制作して、24時間いつでも説明会動画の視聴を可能にし、母集団形成の工夫をしている企業様もいらっしゃいます。

採用動画はマッチング精度の向上に効果あり!

採用マーケティングにおいて、マッチング精度の向上の効果も見込めます。特に、動画を活用することでその効果は飛躍的に高まります。


動画は視覚と聴覚を同時に刺激し、企業の魅力(社員の雰囲気、働く環境など)をダイレクトに伝える手段として最適です。


例えば、企業のミッションやビジョンを動画で紹介することで、求職者が自分の価値観と一致するかどうかを判断しやすくなります。


また、動画コンテンツはエンゲージメントを高める効果もあります。求人情報をただ文字で伝えるよりも、実際の職場の雰囲気や社員の声を動画で見せることで、応募者の関心を引きやすくなります。

採用動画は良い部分ばかり見せすぎるのは要注意

採用動画において、理想と現実をバランス良く見せる方法は非常に重要です。

例えば、社員インタビューやオフィスツアーを通じて、働く楽しさやチームの雰囲気を伝えましょう。

次に、現実的な側面も隠さずに伝えることが信頼を築く鍵です。

実際の業務内容や挑戦している課題についても触れ、求職者にリアルな情報を提供してください。

これにより、入社後のギャップを減らし、長期的な定着率向上に繋がります。

このように、理想と現実のバランスを取った情報発信を行うことで、求職者に対して透明性のある採用活動を展開し、ミスマッチを防ぐことができるでしょう。

これにより、応募者の質も向上し、企業と求職者のマッチング精度が高まるのです。

採用動画制作費用の抑制方法


採用動画の制作費用を抑えるためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

まず、動画制作の「目的」を明確にし、本当に必要な採用コンテンツを絞り込むことが大切です。


これにより、無駄な撮影や編集を避けることができます。


次に、社内リソースを活用する方法があります。


例えば、社員の「インタビュー」や日常業務の様子を撮影することで、外部のプロフェッショナルに依頼するコストを削減できます。


また、スマートフォンや簡易的な撮影機材を使用することで、機材費用を抑えることも可能です。最近のスマートフォンは高性能なカメラを搭載しており、プロ並みの映像を撮影することができます。

特にiPhoneやGalaxyなどの最新モデルは、4K動画撮影にも対応しています。


さらに、「編集ソフト」については、無料または低コストのツールを活用することを検討してください。


例えば、DaVinci ResolveやiMovieなどの無料ソフトは、高品質な編集が可能です。

最後に、動画制作の「外部パートナー」を選ぶ際には、複数の見積もりを比較し、コストパフォーマンスの良い業者を選ぶことが重要です。


信頼できるパートナーを見つけることで、長期的なコスト削減が期待できます。

これらの方法を活用すれば、採用動画の制作費用を効果的に抑制しながら、魅力的なコンテンツを制作することができるでしょう。

最後に、動画を活用した採用活動は、企業のブランドイメージを強化する絶好の機会でもあります。

プロフェッショナルな動画制作を通じて、企業の強みやビジョンを明確に伝えることができます。


これにより、求職者の関心を引き、優秀な人材を確保することができるでしょう。

このように、動画を活用した採用マーケティングは、企業の魅力を効果的に伝える手段として非常に有効です。


ぜひ、動画を取り入れた採用活動を検討してみてください。

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。