【新サービス】お得な採用動画3点セット始めました!詳細はこちらをクリック!

Indeed運用代行会社を選ぶ際の3つのポイント

Indeedの運用会社

「自社でIndeedを運用したいが忙しくて難しい」

「indeed運用についてのノウハウがない」

そのように悩まれている企業も多いのではないでしょうか?

今回は、indeed運用代行を利用した方が良い企業の特徴、indeed運用代行の選び方の3つのポイントについて解説いたします。

indeedの運用方法の種類

indeedの運用方法は2つありますので、メリット・デメリットを踏まえつつ紹介いたします。

①indeed自社運用

自社運用は、自社で直接indeedの運用を行います。

「求人広告作成」「Web広告」を得意する人材が自社にいるのであれば、自社運用でも可能です。

自社でindeedを運用するメリット

・費用がかからない
・スピード感をもってindeedの運用が可能
・社内でノウハウを蓄積することができる

自社でindeedを運用するデメリット

・業務量が増える
・ノウハウが無いと効果がでない

また自社でindeedを運用するか決めきれない場合

・採用担当者の人材が不足している
・Web広告に詳しい人材が社内にいない
・ライティングのスキルを持った人材がいない
・求人広告で採用がうまくいっていない

このような課題点がある場合は、indeed運用代行会社に依頼する方がいいでしょう。

②indeed運用代行会社に依頼する

indeed運用代行会社は、indeedの運用全てを行い企業側は応募者対応をするのみになります。

indeed運用代行会社に依頼する場合は、indeedの有料版を利用することがほとんどです。

提供できるサービスや業務範囲はindeed運用代行会社によって違いますが、以下のようなものがあります。

ndeed運用代行会社のサービス内容例

・求人ページ作成・修正・掲載
・indeed広告単価の分析・運用
・予算管理
・データ抽出・分析

indeedの仕組みや使い方を熟知しているプロに任せることで、効果的に応募数を増やすことができます。

indeed運用代行会社に依頼するメリット

・求人ページ作成から全て任せることができる
・indeedに最適化された求人広告を作成してもらえる
・プロの知見を吸収できる

indeed運用代行会社に依頼するデメリット

・運用代行費用がかかる
・自社運用に比べて時間がかかる

indeed運用代行会社の3種類の特徴

①コンサルティング系運用代行会社

コンサルティング系運用代行会社の場合は、indeed運用特化型というより採用課題・経営課題まで踏み込んで提案してくれます。

②求人広告系運用代行会社

求人広告を中心に扱っている運用代行会社です。

求人広告を扱っているため、原稿作成のポイントやノウハウに長けています。

③Web広告系運用代行会社

Googleなどのリスティング広告やSNS広告などを中心に扱っている運用代行会社です。

indeedの特徴と近いため、運用ノウハウが豊富です。

indeed運用代行会社の料金相場

indeed運用代行の料金は多くの運用代行会社は広告費の20%です。

広告費は10〜15万円以上から始められるところが多く、この他に固定費や初期費用などの別途費用が必要になる運用代行会社もあります。

indeed運用代行会社を選際の3つのポイント

①indeed認定パートナー

indeed認定パートナーとは、indeedに広告運用の実績が認められた運用代行会社のことを言います。

indeed認定パートナーにも3種類あります。

・Goldパートナー
・Silverパートナー
・認定パートナー

実績によってランクがあります。

indeedで優れた実績を残している会社という証のため、indeed運用代行会社を選ぶ際の一つのポイントになります。

②希望する条件に対してマッチした運用方法を提案してくれるか?

企業が求めているものに対して適切な提案をしてくれるのか?というのも選ぶポイントの一つになります。

・採用単価を下げたい
・まず認知度拡大のため露出を増やしたい
・希望予算

など条件を把握した上で、運用方法を提案と丁寧な説明をしてくれる会社がいいでしょう。

また、会社や担当者との相性も重要なため

・コミュニケーションが取りやすいか?
・連絡のスピード感は問題ないか?
・報・連・相がスムーズなのか?

なども確認しておきましょう。

運用手数料が適性なのか?

運用手数料は10〜30%が適性と言われています。

あまりにも手数料が低すぎないか?高すぎないか?複数の会社と比較検討しましょう。

まとめ

indeedに参入する企業が増えれば増える程、採用獲得の競争が激化しindeedにおいての採用ノウハウが必要となってきます。

少しでも興味があるという企業は、まずはプロの力を借りて始めることが、効率的な採用の近道ではないでしょうか?

error: 弊社WEBサイトの情報の無断転載・無断コピーは固くお断りいたします。無断で使用していることが発覚した場合には相応の対応をさせて頂きます。